登山アプリ「YAMAP」使用レポ



 10年以上、ガーミンのGPSを愛用してきましたが、最近ではスマホの地図アプリを併用しています。スマホで地図を見る利点としては、画面が大きく綺麗なこと、地図の移動や拡大縮小が容易に出来る事などです。いくつかある同種アプリの中でも「YAMAP」(やまっぷ)は最も使いやすいアプリと感じています。

「YAMAP」の地図取得画面

緑色が取得済みエリア

 「YAMAP」は無料でありながら、登山コースとコースタイムが記載された地図を制限なしにダウンロードして使用することが出来ます。携帯の電波の届かない山奥でも地図を見ることが出来、スマホ内臓のGPS機能で現在地を知ることが出来ます。山での遭難の一番の原因は道迷いと言われていますが、現在地を知ることが出来れば有効に対処できます。



「YAMAP」の地図画面


 「YAMAP」に出会う前は「地図ロイド」と「山旅ロガー」というアプリをセットで使っていました。「地図ロイド」の場合は国土地理院の電子国土地図を直接ダウンロードして端末に保存するのでオフラインの山中でも地図を見ることが出来るのですが、地形図そのものですから登山コースやコースタイムは記入されていません。

「地図ロイド」の地図画面


 それでも以前は、十分満足して有難く使用していたのですが、「YAMAP」のコース入りの地図を使うと、やはり安心感が全く違う訳です。

 他に登山コースやコースタイムの記入された地図としては、登山者に昔から馴染み深い昭文社の「山と高原地図」の電子版のアプリがあるのですが、これは1エリア数百円の有料版になります。
有料版には情報の豊富さとか画像の美しさとか、無料アプリには無い価値があるのだと思いますが、とりあえずスマホを専用GPSの代わりに使って安全登山をしたいと願う登山者にとっては無料の「YAMAP」アプリの恩恵は大きいと思います。

「YAMAP」使用中。経路と現在地表示。

地図は全画面切り替え可。

 「YAMAP」アプリの他の特徴としては、SNS的な機能が付随していることです。ルートや活動時間・距離などはもちろん、写真や感想を簡単に保存共有できます。公開されている他のユーザーの記録を参考にしたり、ユーザー同士で情報交換したりなど、登山・アウトドア計画の準備にも役立ちます。

公開ユーザーの記録閲覧

非公開も可

 登山記録の共有サイトとしては「ヤマレコ」が先駆していますが、「YAMAP」の場合、地図機能とGPSロガー機能とSNS機能が一体化しているのが特徴です。2013年のリリースから2年でユーザー数は12万人を超えたとの事。この間、多くのコンテストに出展して多数の受賞、表彰を受けています。最後に「YAMAP」の特徴をもうひとつ付け加えると、カスタマーサポートが徹底していることです。親身で本気な対応は問い合わせ掲示板を覗けばすぐにおわかりでしょう。運営会社は株式会社セフリ。九州の登山者ならピンと来るでしょうが福岡発のベンチャーです。
(以上2015年7月記)

「ヤマップ」使用レポート2(2017年)

(2015年12月追記)
現在は「YAMAP」と「地図ロイド」と「山旅ロガー」を同時に並行して使用しています。「YAMAP」の地図は加工された画像なので表示が粗くて等高線などを詳しく見るには不適です。その点、「地図ロイド」は事前にダウンロードしておけば鮮明な地形図を見ることが出来ます。アプリを同時に使用すると電池の消費が気になりますが、機内モードで数時間の山行を実施して20%程の消費なので心配するほどでは無いようです。
(2017年1月追記)
地図画像についてはその後差し替えられて現在では綺麗な等高線が表示されるようになっています。

(2016年10月追記)
 ガーミンなどの専用GPSとスマホ搭載のGPSとの精度の違いについてですが、結論から言えば一般登山道での使用に関してはほとんど問題にするほどの差は無いと思います。私が歩いた山行の例で説明します。下図は福岡県の脊振山系の井原山です。

画像クリックで拡大


赤色で表示された専用GPS(Etrex20)の軌跡の上にスマホで取得した軌跡を水色で表示しています。ほとんどの軌跡が一致している事がわかります。ただ赤丸で囲んだエリアでは軌跡が少しずれています。このエリアを拡大します。

画像クリックで拡大


アンノ滝付近から水無林間歩道に入って沢沿いの登山道を登り上がるポイントですが、専用GPSは谷を登り上がる様子が良く表示されていますが、スマホGPSは衛星電波をとぎれとぎれしか受信できて無いようです。谷間や樹林帯の下などはもともと受信環境の厳しい場所なので利用者側で修正判断する必要がありますね。今回あえて相異が出そうなポイントを選びましたが、通常山行においてはスマホGPSでほとんど問題ないと思います。

「ヤマップ」使用レポート2

「YAMAP」で登山記録作成

「YAMAP」 公式WEBサイト

「YAMAP」詳細使用法

「YAMAP」アプリのダウンロード先
Androidスマホ

iPhoneスマホ










Home(私の好きな九州の山)